読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療のスタートまで

最初に不妊治療を考え出したのは、結婚7年目になる2年前の12月。

結婚して2~3年は子供はまだ先でいいと思っていたし、その2~3年後に子供について考え出したものの、旅行など遊び優先のため妊活は中断ばかりの日々。

その後1~2年は、年齢も考え妊活優先での生活に切り替えたものの、なかなか子供はできず。

もともと生理不順だし、何か原因があるのかな?と頭の片隅では思っていました。

でも、子供はできれば欲しいけど、出来なかったら仕方ないと思っていたので、焦りも感じていませんでした。

 

そんな中、友達から不妊治療の話を耳にするようになりました。

最初は考えもしてなかったけど、何度も話題にあがるうちに段々身近に感じるようになった私。

同じ子供がいない未来だったとしても、何かできることはやっておいたほうが将来後悔しないんじゃないか?と思うようになり、2年前の12月に、初めて旦那に話を切り出してみました。

でも想像もしていなかったのか動揺され、話は何も進まず。

私もそこまで決心がついていなかったし、行動力もないので、その話は一旦放置されることに・・・。

 

それから約1年の間に、不妊治療に通って妊娠した友達から私にも治療を勧められ、もう一度私も考えてみることに。

とりあえずどこの病院でやっているのかネットで検索してみると、意外と少ない。

今住んでいる市では、高度な不妊治療までやっている病院は1つしかなく、初診まで半年待ちだということを知りました。

これは予約だけでも早くしないとダメかも?という気になり、去年の1月、旦那にもう一度相談してみることにしました。

即行くには勇気がなくても、半年の猶予もあるし!と思って。

相談すると、意外にも今度は「したいようにすれば」との返答。

思い立っているうちに予約し、初診は去年の6月ということになりました。

 

同じく1月、子宮頸がんの検診も30歳くらいから行ってなかったので、市の検診で受けることにして、別の産婦人科で予約。

がん検診のほうは何ともなさそうだったけれど、問診の結婚歴・妊娠歴を見た先生から、「そろそろ子どもはほしくない?タイミングまでならうちでも見れるけど」という言葉をもらう。

予約した病院までまだ5か月あるし、その間に通ってみることにしました。