読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稽留流産手術後7日目

1月3日(火)

 基礎体温36.74

出血量は減ってきて、薄くピンクっぽくなり、生理の5~6日目くらいに。

でも、出血が気にならなくなってきたためか、お腹に重くにぶい痛みはあり。

排尿、排便時には結構痛みを感じる。

 

お昼はインスタントカレーを食べたけれど、まだ胸焼けするみたい。

お腹にいた子が、レトルトやインスタント食品はよくないよと教えてくれてるのかな・・・。

夜はまた買い出しに出かけて家で食べました。

 

ここ数日泣いていなかったけれど、ネットで流産からの妊活のサイトを見て、今までの生活がいかにひどかったかと思い知り、情けなくて泣けてきました。

流産がわかって、ご飯の時間をまともにしたい、職場まで歩ける日は歩いて行こうかな、くらいにしか思っていなかったこれまで。

でも、外食多い、レトルト・インスタントもよくお世話になる、食事時間が遅い、家で作っても食材が偏りすぎ、寝不足、運動不足、血行悪くて冷えがひどい、そのくせお風呂はシャワー、週末出かけると帰りも遅い・・・などなど、反省点しかないような毎日の生活。

何一つ褒められることはないし、妊活以前に生活習慣病になりそう。

流産の原因は染色体異常だから親のせいじゃないって慰められるけど、結局は自分たちから来た精子卵子

確かに妊娠後の生活が流産の原因だとは思ってないんだけれど、元気な受精卵を作ってあげられなかったのは私たちのせいかもしれない。

お腹にいた子は、こんな生活を続けてると病気になるよと教えに来てくれたのかもしれない・・・。

流産してしまって今更で気づくのも遅いんだけど、あの子の死を無駄にはしたくない。

のん気なこと言ってないで、直せるところからでも直さないと、と思い始めました。

 

安定期まで治療を待とうということになっていた虫歯。

昨日から食後しばらく経ってもジンジンと歯の痛みが続く場合があるようになりました。

いつでも治療できるようになったんだし、妊活が休みのうちに治療しないと。

とりあえず明日の診察で通常生活が許可されたらかな。

 

この日からブログを書き始めたので、これ以降、なんとなくリアルタイムな記事に移行していきます。

最初は過去振り返ったブログを書いてたから、リアルタイムでも適当で、後から付け加えたりしてますが^^;